古きよき日本の姿勢。耐え忍ぶ姿は静まり返って「今」を感じているようにも見える。とどまる、忍ぶ美しさ。